日常

 イライラ ちょっとしたヒント!

「つい反射的に怒ってしまった」と後悔したことありませんか?

頭にきたときに絶対にやってはいけないのが反射的な言動です。

怒りのピークは、怒りを感じてから長くも6秒程度と言われています。

カッとなってつい言ってしまった言葉は、自分にとっても相手にとっても、怒りを増幅させるものにしかなりません。

怒りに任せて発した言葉で、人間関係に傷が入ってしまうことや、場合によっては相手も売り言葉に買い言葉で

応戦してきて、互いに怒りがエスカレートしてしまうこともあります。

6秒待てば、すべての怒りがなくなるわけではありあせん。

しかしこの怒りのピークの6秒をやり過ごすことができれば、反射的な言動による事態の

悪化を回避し、冷静に対応することが出来ます。

とはいえ、何もせずにただ6秒じっと待つのは簡単ではありません。

6秒待つために一番簡単な方法は深呼吸をすることです。

人は怒りを感じている時、呼吸は浅く速くなっています。

ゆっくりと大きな呼吸をすることで気持ちを落ち着かせられます。

「6秒たったら何と言い返そう」と怒りを 増幅させる時間にするのではなく、

目の前の怒りから意識をそらし、冷静になるために6秒を使うことが大切です。

反射的な行動をしないためにも、これからはイラッとしたらまず6秒待つようにしましょう。

関連記事一覧

お問い合わせ