日常

「飽きた」は脳のSOS

長時間パソコンで仕事をしたりしていて、途中でうんざりして投げ出したくなりませんか?

これは、貴方が飽きっぽいからではなく、実は脳が疲れているサインです。

この危険信号を無視ると、脳の働きが落ち、注意力が低下するだけでなく、

やがて慢性疲労の原因にもなる。予防策は、飽きを感じたら潔く休むこと。

飽きたと感じる前に休息を取るのが理想。

疲労は長時間座っているだけでもたまります。

座ると股関節が深く折れ曲がって血液やリンパの流れが滞り疲労を感じます。

長く座り続けることで起こる疲労を解決する良い方法は「歩くこと」です。

マナーを気にしないでよい環境なら「貧乏ゆすり」も有効な手段です。

英国の調査結果では、「貧乏ゆすり」によってリスクが低減できるとも報告されています。

関連記事一覧

お問い合わせ