最新情報

お風呂教室 入浴剤種類、効果確認

入浴剤種類、効果確認

入浴剤の選び方のポイントとは?目安は医薬部外品と浴用化粧品を選ぶこと。

入浴剤の働きはお湯に色や香りを付けることだけではありません。

特に大きな効果はお風呂の「温熱作用」を高めること。

温熱作用は体を温めることで皮膚する大事な効果です。

血流の流れが良くなると全身の細胞に栄養や酸素が運ばれ、疲労回復や痛みの改善につながる。

入浴剤には水道水の塩素を中和する成分が入全身の細胞に栄養や酸素が運ばれ、疲労回復や痛みの改善につながる。

入浴剤には水道水の塩素を中和する成分が入入っていることが多く、入浴後の乾燥を防ぐ保湿成分が入っている商品もあります。

血流改善や殺菌効果なども期待され、季節ごとにお湯に入れられてきました。

貴女に合った入浴剤を見つけて、楽しく効果的にお風呂に入りましょう。          

関連記事一覧

お問い合わせ