健康

お風呂教室 良い入眠へ体温調節

良い入眠へ体温調節

一日の疲れを癒す「お風呂時間」。快眠 を得るために有効活用してほしい時間。

良い入眠には深部体温を1度程度下げるこ とが必要になります。

入浴で体温を上昇させ、入眠時に体温をうまく下げる事で、良い睡眠につながます。

40~41度程度のぬるめのお湯にゆっくり漬かり、就寝する15~30分前に風呂から上がり、

体が冷えてしまう前に布団に入ります。

疲れがたまっている日は長目に漬かり、「お風呂時間」は、ただ体を洗うだけではなく、自分のために自由に使える時間と空間。

それぞれが心地良いと感じることを満喫できるリラックスタイムです。               

関連記事一覧

お問い合わせ