健康

お風呂教室

お風呂教室

ぬるめのお湯で冷え改善

冷えに悩んでいる人には「ぬるいお湯に入浴しましょう」。

冷えに悩む人は多く、女性の約半分がそうだという。

これは日本人に特有の病気、症状とされ、海外では「冷え」という概念自体がありません。

現在、冷えは一般的に「体の自覚的な冷えの苦痛があるもの」「体幹と抹消の温度差が大きい」

「いったん冷えると体温の回復が遅い」などとされています。

特に手足の末端が冷えると感じる方も多いようで、症状の緩和には、お風呂は必需品です。

冷えの対策には「体の温めが大切」と考えて、やたらと熱いお風呂に入る人もいるでしょう。

しかしこれは誤りです。確かに42度以上の熱めのお湯に漬かると、体温も一時的には上がって、手足の皮膚の温度も上がります。

人間の体は急に体温が上がると、汗をたくさんかいて急速に体温を下げようとするので、体の温まりが持続しないのです。

結果として、体温は急速に下がっていくので、冷えの症状はちょっとも改善しません。

冷えの対策には40~41度程度のお湯に10分程度入浴すれば十分ですが、

足りない場合はちょっと長めにつかってはいかがですか。            

関連記事一覧

お問い合わせ