最新情報

イライラ

イライラ

私たちを怒らせているものの正体は何でしょう。

約束の時間に遅れてきた「誰か」なのか、遅れたきたという「出来事」なのか、

それともそれ以外の「何か」なのか。

私たちは自分が怒る理由を「誰かのせい」や「何かのせい」など自分の外に求めてしまいがち、

しかし、私たちを怒らせているものは、、自分の中にある「べき」です。

「べき」は自分の希望、欲求をを象徴する言葉です。

私たちは自分の理想とする「べき」が目の前の現実で裏切られると、怒りの感情を持ちます。

私たちの行動のほとんどはこの「べき」に基づいており、そして、イラッとすることの裏には必ず

「べき」が隠れています。

「べき」には正解も不正解もありません。

あえて言えば、この世にある「べき」は、信じているその人にとってはすべて正解と言えます。

「べき」には幅があります。

「時間は守るべき」という考えを持っている人は多いと思いますが、

「集合時間の10分前に来るべき」と考える人もいれば、「集合時間ピッタリに来るべき」

と考える人もいます。

生きていれば、すべての「べき」が思い通りに進むことはありません。

「べき」に優先順位を付けて、うまく付き合っていきましょう。       

関連記事一覧

お問い合わせ