日常

サウナで我慢は禁物

サウナの健康効果は正しく使わないとかえって体に悪影響を及ぼしかねません。

汗をダラダラ流してサウナに我慢して入り続けている、これは誤り。

サウナの良い点は、熱い空気によって体が温められ、

血管が広がって全身の血流が改善されることです。

しかし、サウナに長く入り過ぎたり、サウナそのものが

熱すぎたりすると体温が上がり過ぎて熱中症になる危険がある。

汗が出るということは体が十分温まったというサインなので、

我慢せずいったんサウナから出る。

サウナの温度・湿度にもよりますが、5分でも十分。

また汗をかくと 脱水を起こしやすくなるので、入るまえに水を飲むことをおすすめ。

サウナの後に冷たい水風呂に入ることを楽しみにしていますが、これも危険です。

熱いサウナから飛び出して、ドボンと冷水風呂入ると、

急激な温度変化が体への強烈な刺激となり、血圧が急上昇します。

特に動脈硬化の進んだ中高年では、脳内の血管が破け、脳出血を起こす危険。

心臓への負担も大きく心筋梗塞、不整脈を起こす原因。

火照った体を冷やすためなら、そのままサウナの外の涼しい空気で冷やすか、

30℃程度のぬるま湯を身体に十分かけ湯をしてゆっくり漬かるようにします。

つらいと感じるような負荷をかけないというのがサウナを健康づくりに役立てるポイントです。

関連記事一覧

お問い合わせ