最新情報

マナー ~身につけておきたい食事の心得~

~身につけておきたい食事の心得~

  恥ずかしくない食事マナーを身につけましょう

 

服装は平日、夕方からで仕事を終えてから参加で案内状に「平服でお越し下さい」等の記載がなければ、

きちんとしたビジネススタイルで参加すればOK.女性はスーツにアクセサリーやスカーフなど添えて華やかに。

「平服」とは準フォーマルを指します。「普段着」と混同しないよう気をつけましょう。

シーンに合わせた服装を選びましょう。      

一緒に食事する相手は誰か。どんなお店なのかなど、その場にふさわしい服装を選び、
身だしなみを整えましょう。

好感が持てる、美しい姿勢と所作を心がけましょう。 

レディファーストがごく自然にできるようにしましょう! 
手の動かし方にも配慮をしましょう。            
食べる早さを周囲と合わせましょう。            
音を出さないように食べましょう。

食事の作法の基本              

〇食べ物への感謝を込めて、残さず食べる。

〇姿勢を正して座る。

〇口の中に食べ物を入れたまま話をしない。

〇咀嚼するとき音を立てない。

〇食器の音を立てない。

〇食事中に席を立たない。

〇汁物、ご飯、おかずを交互に、まんべんなく食べ進める。 

注意

会食が始まってから中座は失礼。

始まる前にトイレを済ませましょう。 

                 

関連記事一覧

お問い合わせ