健康

低血圧症

血圧が慢性的に100㎜Hg以下で、かつ病的な症状を伴う場合を言う。

心臓疾患・呼吸器疾患・内分泌疾患・神経疾患などの「基礎疾患」を原因として生じるものと、

明らかな原因が認められないものがある。

低血圧症の症状

動悸・めまい・立ちくらみ・失神・肩こり・全身倦怠感・偏頭痛・不眠・朝起きの不良

・食欲不振・吐き気・下痢・便秘・腹痛・不整脈・発汗・冷え・疲れ目・頭重感・乗り物酔いなど

不定かつ多様であり、多様であるがために、常に体調や健康状態に不安を

感じ、心気症的状態に陥るいることも多い。

血圧を上げる働きが期待できる食品  

★チーズ、ココア、発酵食品

★カフェイン飲料…寝る前は避け、1日3~5杯までに。

★水分…1日1~2ℓ

低血圧症の日常生活上の注意

1、規則正しい日常生活を守る。

2、食事は、栄養豊富なものを。

3、運動を心がける。

4、気分転換の場や趣味を持つ。

まとめ

低血圧は高血圧と違って軽く見られがちですが、日常生活において気が付かずに倦怠感、

疲労感、不眠、食欲不振、肩こり等を発症して、朝起きるのが辛かったりするケースが多いのも事実です。

一度病院で検査するなどし、積極的な対策をしましょう。

関連記事一覧

お問い合わせ