健康

健康寿命を延ばす!

 

血管の老化が招く全身の病気

 

 

動脈硬化が進むと、血管の壁は厚く、硬く、もろくなっていきます。

ダメージを受けた血管は、何かの拍子で切れたり、狭くなった血液の通り道に血栓が詰まったりといった症状を

引き起こすリスクが高 くなります。

血管が裂ける病気である「大動脈解離」は、自覚症状がなく、突然激しい痛みに襲われ

そのまま亡くなってしまうケースもあります。

また心筋梗塞も命を取り留めても心機能が低下し、再発も多くなります。

これらを発症する人の多くが高血圧であり、血管の老化現象である動脈硬化を防ぐことが予防につながるのです。

 

関連記事一覧

お問い合わせ