健康

尿失禁

尿失禁

尿失禁とは、意思と関係なく尿が漏れること。40歳の女性は4割以上が経験するとも言われます。

悩みつつも、恥ずかしさから相談しない人が多い。

①腹圧性はせきやくしゃみをしたり、重い物を持ったりなど、お腹に力がかかると漏れます。

骨盤底筋群という筋肉が緩んで起こります。高齢者や出産回数の多い人に多く、排便のいきみ、ぜんそくなどもこの筋肉を痛めると

され、鍛えることで改善が期待できます。尿道を支える手術も有効です。

②切迫性は急な尿意を我慢できずに漏れるタイプで、膀胱にためる力がない状態です。伸縮して尿

をためるはずの膀胱が、たまる前に収縮してしまう。主に薬物で治療し、膀胱の収縮を抑えます。

③何らかの神経障害で尿が出なくなる尿閉という状態で、コップから水があふれ出すような漏れ方が特徴です。

④排尿機能は正常でも、身体能力の低下や認知症が原因です。

歩行障害でトイレに間にあわない、認知症でうまく排尿できないといった状態です。

まずは泌尿器科や婦人科で受診をしてもらいましょう。尿検査で感染症を調べ、超音波検査で残尿や腫瘍、結石などチェック。

また力んだり咳をしてもらったりして、濡れ具合や性器から臓器が出ていないかも確認します。

場合によっては造影済を使った検査や膀胱鏡検査なども行います。

尿失禁は命には関わりませんが、生活に支障をきたし、大きな精神的負担があります。

人との付き合いが減るなど生活の質も下げるので、恥ずかしがらずに医療機関を受診しましょう。 

 

関連記事一覧

お問い合わせ