最新情報

掃除機は体と一緒に

掃除機は体と一緒に

掃除機をかけていて、腰が痛くなったことはありませんか。

体を動をかさずに広い範囲を掃除しょうとして腕だけを伸ばす方法では、前かがみの姿勢になりがち。

結果、腰に負担がかかってしまい、体も疲れやすいです。

掃除中もなるべく背筋を伸ばした姿勢を保つのが負担を減らすコツ。

まず肩幅くらいに両足を開き、掃除機のクリップを利き手側の腰の位置で持ちます。

1歩踏み出すのに合わせ、ヘッド部分を前へ。再び元に戻れば、胸を張った姿勢のままです。

常に掃除機と一緒に体を移動させましょう。ホース1往復にかける時間は5秒位で。

早すぎると、ごみをうまく吸い込めません。

関連記事一覧

お問い合わせ