最新情報

昔からミカンは”万能薬”

 

昔からミカンは”万能薬”

子どもころ、ミカンの食べ過ぎで指が黄色くなった。

ミカンの黄色成分は、体の中へ入るとビタミンAに変 わり、免疫力をアップ。

ビタミンAは皮膚や粘膜の乾 燥を防ぐ。

また夜盲症や成長障害の治療にも使われ ます。

温州ミカンに含まれるクリプトキサンチンは、肝臓病・動脈硬化・糖尿病・骨粗しょう症といった

生活習慣病などの予防に効果がある。

冬に食べたミ カンの効果は、春まで続くと言われていますから、安価で手に入る時期に、多めに食べておくことをお勧め。

ミカンの食べ方にもポイントが。皮や筋にも、大切な成分ヘスペリジンが含まれています。

これは、血流を良くする作用やコレステロールを下げる作用があるので、薄皮も白い筋も一緒に食ベて下さい。

ミカンの皮は、漢方薬では「陳皮」として抗酸化作用があり、胃腸障害などに効果がありるとされます。

つまり、昔からミカンは日本人の健康を守る”万能薬”だったんですね。

関連記事一覧

お問い合わせ