健康

梅雨といえばカビ

梅雨といえばカビ
梅雨に増えやすいカビ。浴室など水回りだけでなく、下駄箱やクローゼットでも生えやすいのがこの時期の特徴だ。

ぜんそくやアレルギーなどを悪化させる原因にもなるだけに、増殖を抑えるコツを知っておきたい。

カビの種類

普通の家庭で見られるカビはそのうち30種類程度。

お風呂場などに頻繁に見る「黒カビ」、水回り全般にある「赤カビ(酵母)」、

カビ臭い匂いの原因「青カビ」の3種類になる。

カビは、私達の目で見つけられた時点で、多くの胞子を有して繁殖が激化しています。

発見したら早急に対策することが大事。

カビ発生場所

お風呂場全体・排水口・エアコンのフィルタ・結露しやすい窓際のカーテン・押し入れの壁・「帰って寝る」だけの部屋

・洗濯待ちの汚れ物が入った洗濯機・干さない布団の入っている押し入れ・ベットの下・家具の裏・じゅたんやカーペットその他至る所。

カビの発生を防ぐ基本3原則

◆水滴や結露などの水分はなるべく早く拭き取る。

◆晴れの日は窓を開けて換気、雨の日は除湿機。
 
◆ホコリが溜まらないうちの「予防掃除」。       

関連記事一覧

お問い合わせ