健康

歩く

歩く

「老化は足から」足を鍛えれば脳も体も若返る!

歩く効能10ヶ条

①心肺機能の向上

②心臓病(狭心症)、高血圧、糖尿病の予防・治療

③善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を予防

④脂肪を燃焼させダイエットになる。

⑤ボケ防止。脳機能の向上。

⑥第二の心臓と呼ばれる足の血液環境がよくなることで全身の血液環境が改善される。

⑦足腰の筋肉を丈夫にし、腰痛の予防・治療になる。

⑧骨を丈夫にし、骨粗鬆症を予防する。

⑨ストレスが解消され、免疫力が強化する。

⑩内臓機能が高まる。

全く運動しないと…

・筋肉の萎縮

・心容量の減少

・心肺機能の低下

・起立耐性の低下

 

・骨軟化

※約1ヶ月間寝たきりだと、筋力低下やめまいを起こすため、立ち上がることすら困難になってしまう。
ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

 

一つでも当てはまれば、(ジムへ通うか家庭で簡単トレ)

①片脚立ちで靴下が履けない

②つまづいたり滑ったりする

③階段を上がる時手すりが必要

④横断歩道を青信号で渡れない

⑤15分位続けて歩けない

⑥2㌔以上買い物をして 持ち帰るのが困難

⑦家で重い仕事が困難

関連記事一覧

お問い合わせ