日常

水の備蓄、3日分は必要

自然災害はいつでもどこでも起こる可能性がある。

起きた直後の暮らしに生じるトラブルの一つとして、電気、水道などのライフラインが途絶えること。

発生から3日間は、人命救助が優先されるため公的支援が届きにくい。

少なくともその間の飲料水は自身で準備しましょう。

1日に必要な水の量は1人3㍑とされ、3日分だと9㍑。これに家族の人数をかければ備蓄すべき量になる。

家の何カ所かに分けて保管して置きましょう。

関連記事一覧

お問い合わせ