最新情報

[独り」の終活 元気なうちに!

[独り」の終活 元気なうちに!

自分らしい人生の幕引きに備える「終活」。独り暮らしの高齢者には切実な課題だ。

介護、認知症、財産の問題…誰に相談すればいいのか。

「親類でも友人でもいいけれど、自分を託せる「誰か」を見つけるのが「おひとり様」の終活。

それには[元気なうちに動 かないと」専門家はいう。

円満な相続

自分には持ち家ぐらいしか財産がないから、相続争いの心配はない。

そんな人こそ、残された親族が遺産を巡ってもめる争族とならないように、対策を講じておく必要があります。

特に土地や建物しか主な財産がない場合、争いになりやすいようです。

現金のようには分割しにくいのが一因です。

相続する人が現金を持ち合わせていれば、現金を兄弟に支払う代わりに持ち屋を

その人に出来るので問題はないでしょう。

子など相続人になる全員に生前から説明して置き、さらに遺言書にも書き込んでおけば円満な遺産分けが期待できそうです。

親の生前から兄弟との付き合いをうまくするのも解決の一つでしょう。

エンディングノートを!

自らの最期に備えるためだけの物ではなく、思わね病気や怪我で入院したり、
うまく意思表示できなくなったりした場合にも役立ちます。
明記したいのは持病や財産、保険に関する基本情報の他、連絡して欲しい近親者、知人の名前、
さらに介護や入院、延命治療、葬儀や墓に関する希望。
また預貯金
や不動産などの書類の保管場所も重要です。書きやすいところから始め、考えが変わったらいつでも書き直しましょう。
置いてある場所など家族に知れせておくことです。
出来れば家族と話し合いながら内容を共有したいものです。                     

関連記事一覧

お問い合わせ