健康

脂質異常症

 

 

 

 

コレステロール値を改善するためのひと工夫

肉類は脂身が少ない部分を卵や魚卵はとり過ぎない

血中のLDLコレステロール値が高い方が気をつけたいのは、肉類の脂肪分のとり過ぎです。

牛肉や豚肉は脂身が少ない部位を選び、鶏肉は皮を取り除いて食べるようにする。

コレステロールが多い卵や魚卵、レバーなどは食べ過ぎ注意。卵は1日1個まで。

野菜・海藻類はたっぷり

野菜、海藻類、キノコなどに含まれる植物繊維は低エネルギーなうえ、コレステロールの吸収を緩やかにしてくれる働きがある。

外食の多い方は野菜たっぷりのメニューを!

大豆製品は積極的に

大豆に含まれるタンパク質には、血中のコレステロール値を下げる働きがあるため、

豆腐や納豆などの大豆製品は積極的に食卓へ。

豆腐なら100g(1/3丁)、納豆なら1パックが1日の目安。

中性脂肪値を改善するひと工夫

・メインのおかずは魚をチョイス!

・アルコールは適量を守って!

・食器を一回り小さいものに変える。

・主食は白よりも茶色の食品を。

関連記事一覧

お問い合わせ