日常

靴の手入れで足の匂いを防ぐ

足の匂いの元は「イソ吉草酸」と呼ばれる脂肪酸。

汗と皮脂によって細菌が増え、イソ吉草酸を出すと言われています。

靴の中は、かなり高温多湿。繁殖しやすい悪条件の中で、菌をいかに抑えるかが、匂いを減らすコツ。

雨に濡れたらまめに靴下を替えたり、会社ではサンダルに履き替えたりして少しでも靴の中の湿度を下げるようにする。

1日履いた靴には湿気取りを入れ、最低、中2日は消毒しても効果的。

入浴時には、足の指の間を丁寧に洗う。

関連記事一覧

お問い合わせ